上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
■マダカスカル産
twin_phant.jpg

マダカスカル産水晶です。
この手の淡い色合いの緑のファントムは憧れでして・・・・
手ごろなのが見つかって、購入。
表面のほんのりワイン色のコーティング、そしてツインでキャンドルな一つでいくつもオイシイ石です。

■移動の理由は続きに・・・・

READ MORE▼

スポンサーサイト

2008.05.25 
■またまた・・・・
remrian1.jpg

今日・・・映画を見に行ったついでに購入したものです。
レムリアンシード・・・といったらブラジル産。

これが並んでいた店の店員の話を聞いていて・・・・日本の石流通の基準や知識が、激しく異様だと思い知らされました(汗
うーん・・・・うーん・・・・・
石が好きなんじゃなくて、ご利益が好きなのか・・・・・・そこの店員さんは。
しかし・・・オリジナルのレムリアンシードは三本目なんだよな。

あと・・・・・レムリアンと一緒においてあった、レムリアンリッジがついていたヒマラヤ水晶と名がついたものがあったのですが・・・・

アレ・・・どう考えてもカイラスだろ(汗

■ブログリンクの関係ですが・・・・
余裕があるときに作業したいと思います。FC2の方は作業が楽なので優先で・・・・

2008.05.31 
■プラシオライト
plasi1.jpg

プラシオライトです。ブラジル産。
アメシストを加熱して色を変化させたものですが、通常のアメシストは「焼きシトリン」といわれる様に、シトリンのような黄色に変化するものですが、このようなさわやかな淡い緑に変わるアメシストもありき。

なぜこの様な違いがでるかは解りませんが、ある意味これも変容する石だと思いますが・・・・
著名な方の肩書きが無い為、探せばわりと安価で手に入る石となってますね。
ある意味メタモよりこっちの方が希少価値が有りげですが。

しかし、水晶で此処までクリアな淡い緑というのはなかなかにツボでございまする。
完全に私に取って視覚の癒し系ですなぁ・・・・・

2008.06.02 
■石にはあんまり使わないんですけどね。
clean.jpg

ある意味自分の周りのクリーニングセットでございます。・・・・石に使うものでもありますが、主に自分につかってますが(汗

特にセラピスベイのクイントとは本当に相性がいいんですよね。どうも・・・・・

職場では、鏡を使うことが多いですが。

■コメントのお返しは明日にさせてくださいまし。

READ MORE▼

2008.06.02 
■エレスチャルだそうで。
rose_el1.jpg

ローズクオーツの結晶です。おそらくブラジル産。以前あちらで紹介したものとは別の結晶ですが・・・

やっぱり持った瞬間に胸の辺りやら背中やらがみょーにふんわりと温かくそして軽くなった石。(汗
今も持つと指先からまず手首に向かって何か流れる感触があるのよね。
こういうことがむあるから、パワー云々の概念は否定しないのですが・・・・・
しかし、「結晶」というだけで此処まで感覚の差があると・・・・・。

先日行ったイーオンの中にある石屋にもちんまりとショーケースの中に、ローズクオーツの結晶が二つ並んでましたが・・・・(価格は不明)

・・・・しかし、この石は、本当に価格のバラつきが激しい石ですな。

rose_el2.jpg


READ MORE▼

2008.06.03 
■アメトリン
ametri.jpg

アメトリン ブラジル産です。

いやはや、なんといいますか・・・・・
境界線が見事にくっきり。

結構長い間、透明度の高いアメトリンを探していたのですが、この透明度と、くっきり分かれたアメシストとシトリンの層具合には、満足いくものがありまして・・・・・・・


READ MORE▼

2008.06.04 
■オーストラリア産
aget_ost1.jpg

オーストラリア産 アゲートです。
最近地道にオーストラリアまみれのような気がしますが(まだあるんだな・・・これが・・・)
私・・・飛行機が苦手で・・・(乗った事もありません) 本州からも脱出した事がありませんが故・・・・

ただオーストラリアは憧れの大地なので、鉱物でオーストラリア気分を満喫を・・・(汗

2008.06.05 
■ジラソル
ziraso.jpg

タンブル・・・・侮りがたし・・・と切に思いました石です。

比較的安価なタンブルであっても、本当に掘り出し物は存在するのは解ってはいましたが・・・
このジラソルの独特の青白いシラーっぽい光の出現具合は・・・・うちにあるスフィアよりもはるかに顕著に現れまして、「ジラソルたる所以」とでも言うような石に浮かぶ光景を見せてくれますです。

あと、普通の水晶より妙に瑞々しいといいますか・・・・水をたたえているような錯覚さえ覚えます。

■しかーし・・・
ミネラルショーのことも今日は忘れて仕事に没頭してましたですよ。ははは・・・・
さすがに仕事上の写真は使えないのですが、写りこんだ空がまるで蛍光色のように鮮やかなターコイズブルーに写ってまして・・・・。PCディスプレイにてそれを確認した時、余りの鮮やかさに一瞬目を疑いましたですよ。

■そして・・・・
ミネラルショーにいけないだろうということで、「交通費分は浮いたから、その分はえーい!!」と購入した石とアクセサリーが届きまして・・・とりおきしていただいていた分もあわせて、思わず妙な笑いが・・・・

組み合わせが徹底的にピンク・・・・
激しくピンク・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・汗

2008.06.06 
■これは珍しいのですが・・・・・
pink.jpg

昨日届いたものなんですけどね・・・・

雑貨はともかく・・・・
ジラソルははずしてピンク色ばっかり・・・・・

ピンクのペタライト
ローズクオーツのブレス
ピンクオパールとミルキークオーツのブレス
ピンクオパールのチャーム

・・・・ペタライトは取りおきしていただいていたのですよ。
ただ、ここまでピンクなものをまとめて購入する事はなかったので。
そういう意味のピンクまみれでございました。ははは・・・・

あと、机の周辺もね・・・
オーラソーマで・・・
クイントエッセンスのレディナダ(ピンクの液体)
ポケットレスキュー(11番・・・・これも下層はピンクだ)

ピンクのラメ入りリップグロス・・・

先日のローズクオーツの結晶

ピンクのアゲート

・・・とどめの蛍光ピンクの付箋がぺたぺた。

げっ・・・と思うほどにピンクまみれなのを、石がとどいて気がついたのでした。

2008.06.07 
■うーん・・・・
あまり気分がすっきりしない時には・・・・・
celestite.jpg

この手の色合いの石につきますね。
職場の卓上用に、小さいモノを考え中。(コラ

いいんです。
・・・・隣の席にはフィギュアが並んでますから(汗
あとちょっと離れた席には、植物の鉢植え。

2008.06.07 
■オーラソーマボトル106番
ragil1.jpg

時期的に無意識にはまる色というのはある様子で・・・・
唯一通常のボトルとして持ち合わせているのが106番。でも使用するわけでもなく、ただ色を見て楽しんでいる状態ですが・・・・

ragil2.jpg


自分で作ったペンダントチャームも似たデザインで、同じような色合いの組みあわせ状態でつくっていたりと・・・・・


ただなんというか、私自身「パワーストーン」概念はあまり好きではなく、私のブログでは「パワーストーン」という文字列記載は避けているのですが、根底にはどうも「パワー」云々に関する潜在意識はある様子で・・・・
もろい鉱物系にはあまり手を出さず、握って大丈夫な石を選んでいるあたり・・・なんとも(汗

まあ・・・・色合いに癒しを求めているのは確実なので。
とどのつまり、綺麗なものが好きなのね。


READ MORE▼

2008.06.08 
■石ではありませんがツボなもの
tonbodama.jpg

皆さんも見たことがあると思いますが・・・・4月ごろに出回っていたお茶のおまけのドンボ玉でございます。・・・・ちまちまと当時あつめてまして・・・・。昨日妹の車の中にパッケージを開封されなくておいてあったものが二つあり、ソレを貰ったのですが、母親が二つあったうちの一つをちゃっかりと自分の携帯につけようとしていたので、奪い返した結果・・・・石でストラップを作ることに(あほ。

だって、おまけなのに本当に良く出来ていてねぇ・・・・・
結局わたしは、こういうガラスモノも大好きなわけです。ははは・・・・・・

また第二段でやってくれないかなぁ・・・・・・

READ MORE▼

2008.06.09 
■アクセサリーですが・・・・
furo_pen.jpg

フローライトのペンダントトップでございます。この色合いに撃沈しまして・・・・・・
現物を白い紙の上に置くと、かなり奥の深い色合いと、グラデーションが確認出来ます。
「芸が細かいなー」という色合いのアクセサリー加工品は、稀にツボにはまるものがありますねー。


2008.06.11 
■京都府亀岡市 広野産
kameoka_kou1.jpg

余り水晶の産地としては見ない場所の煙水晶です。
久しぶりに「キターーーーーーーーー!!」という感覚の水晶です。
(持った瞬間に後頭部にバキッと音が響きまして・・・・。他にもそういう音を食らわせてくれた水晶はありまして。・・・・ガネーシュだったかな。痛みは無い。)
日本産の割には、レコードキーパーがありき。

ただ、届いた時なんでこんなに重いのか?と首を傾げまして・・・・
中を見てみると、包みが一つ多い。
「?」を飛び散らせながら、一番重いものをあけてみると・・・・

kameoka_kou2.jpg


この水晶が育ったと思われる晶洞の一部が入ってまして(汗
・・・ふーん。こんなんなのか。

しかし、桜石の件といい、亀岡市って・・・・・

2008.06.13 
■スメタナ作曲交響詩「モルダウ」・・・じゃありませんが・・・・



上記の曲は本当に名作だとは思うのですが・・・・・・・・
その土地を彷彿とさせるのが、この石。

moruda.jpg


モルダバイト
まあ・・・・このまんまの地名がついていて、あまりにもメジャーな石ではありますが。

これですね・・・・
持つとほんのり指先があったかい感覚があるんですよね・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・
アンダラを手にしたときと同じだよ(´д`;)


READ MORE▼

2008.06.15 
■くっきりぱっきり。
kurimara.jpg

マラカイト&クリソコラが共存しつつも、くっきりぱっきり分かれている原石です。
産地は何処だったっけな(コラ!!

なんといいますか・・・・クリソコラのターコイズブルーもなかなかにツボといいますか・・・
私に取ってはターコイズより身近に感じるものです。

・・・・クォンタムクアトロシリカのブルーもクリソコラ含有だし。

しかし・・・・・仕事で取った写真だから使えないですが、素で写りこんだ蛍光ターコイズブルーのようなあの空の色合いは一体・・・・・・

READ MORE▼

2008.06.16 
■陰陽の形
siva.jpg

シヴァリンガムです。
通常市場の3分の1以下の価格で出ていたのでついついカートにぽちっと・・・なもの。

これについては、いろいろ形成の説がありますが、一番最初に見つかったものはどうであったにしろ、現在商品化しているものについては人間の手が必ず入っていると思われます。
・・・・これを「人間の手が加わっていない自然に出来上がった」と言い張る店員がいたら「あふぉか?」と突っ込み返したいところ。
天然のリバーストーンといわれるものは長良川でも採取できますが、表面性状はどうしても荒めのサンドペーパーのような質感でしかありませんが故・・・・・
磨けば相当なつるつるになる材質の石ですが。あと・・・・私が幼少の頃に見た、長良川のリバーストーンはこのような形とはどうしても程遠い形というのは現状です。

ただ、インドの川底に沈殿しているものが、極細粒のクレンザー状態な土壌であるとなればつるピカに・・・とか思ったりもしましたが・・・・・
お国柄、人骨がいっぱい川底にたまっていそうだ。(遠い目)
ほら・・・・川に流すって言うじゃないですか。

READ MORE▼

2008.06.19 
■1000円
ten_garnet1.jpg


このような瓶詰めで届きましたが・・・・

ten_garnet2.jpg


奈良県天川村のレインボーガーネットの群集でございます。(汗
こんなに単価安い石だったっけか?
ちゃんと、レインボー色を持つ面を持つ石ばかりでございますが・・・・・


READ MORE▼

2008.06.20 
■でか・・・・
makino.jpg

滋賀県マキノ産 煙水晶でございます。うちにある日本産の中では一番のビッグサイズでありますが・・・・
500グラムオーバーではあります。
最近の京都亀岡産のスモーキーと見比べてますが・・・・似てますな(汗
(地質としては近いんだろうな)

ただ画面越しだと、岐阜県産の真っ黒の煙水晶はもうちょいキワモノに見えるのですが(マテ

でもまあ、今回は持った瞬間に後頭部にバキッという感覚はなかったのですが・・・・・やっぱり背後でバキっとな。
日本産ではありますが、レコードキーパーは出てますねぇ。
写せませんけど。

makino2.jpg



まあ成長痕はあくまでも成長痕で。

しっかし・・・海外のものより日本産水晶の方が貴重なんだけどなぁ・・・・・・・・

READ MORE▼

2008.06.21 
■関東と関西?(お
inhon_41.jpg

左から・・・

京都 亀岡産
滋賀 マキノ産
山梨 乙女鉱山産
山梨 水晶峠

・・・・・以上ですが、山梨のあたりって煙水晶ってあるんかいな?

岐阜だと、苗木地区あたりは煙水晶
神岡鉱山あたりだと、煙・・・はみないな?

ただこの四本を見比べると・・・・

nihon_42.jpg


乙女鉱山の水晶については極めて形状が(汗

■しかーし・・・・
最近、あらぬ方向に暴走してまして申し訳ありませんが・・・・これも私の素ですので。
ふぉっふぉっふぉっ・・・・・・
そもそもここは当初から、ヲタサイトの下層にくっついている状態ですからね。

見えない不確かな領域の方面で、幻想・幻覚・妄想に引きずられるより、目に見える領域のものでヘンナモノをつついて笑い飛ばしている方がまだ「明確」でよかろう・・・・・と。

READ MORE▼

2008.06.22 
■頭痛。
鎮痛剤で楽に治まっていますが、頭痛状態なので、安静にをば。

ネタだけ仕込んで寝ます。

READ MORE▼

2008.06.23 
■カルサイト
ore_cals.jpg

カルサイトです。
よく流通しているオレンジ色のものとはかなり毛色のちがう色合いのもの。
ピンボケ風味で申し訳ありませんが。

ショップでは「タンジェリンカルサイト」の名ででていたな。

READ MORE▼

2008.06.26 
■ファントム
ost_phan1.jpg


オーストラリア産 ファントム水晶です。元はクラスターでポイントを小分けにしたようにも見える水晶ですが・・・・・
ショップに出向いた際予定外にこの水晶を手にして、「好き~」となりまして、確保いたしました。
まあ、ひとえに、オーストラリアってのは憧れの土地でもあるのですがね。

ost_phan2.jpg


なかなかに奥の深い水晶でございます。

READ MORE▼

2008.06.28 
■メキシコ産
mexi_el.jpg

既出の石ですが、メキシコ産エレスチャル(骸晶)でございます。
骸晶型のエレスチャルはうちにはぼちぼちとあるのですが・・・・
そうでないエレスチャルと、何故同一名がついちゃってるのか・・・・そのあたりの分類枠がビミョーでかなぁ。
明らかに形成スピードが異なるのではないかと思うのですが。

今やってる、インディジョーンズ・・・のクリスタルスカル云々で、「骸晶型エレ」がピコーンと思い浮かんだ私。
ランボーといいインディといい・・・・
最近のハリウッドモノは、年寄りをこき使う・・・ゲフッ ゴフッ!!



READ MORE▼

2008.07.07 
■ルチルクオーツ
ruti_raff.jpg

産地は不明のルチルクオーツのラフです。
近場(といっても車で二時間弱かかりますが)の石ショップにて。
透明度は低いですが、まあしっかりと金ルチルですなぁ・・・・と。透明度の高いものはアクセサリーに加工されてて、それなりの価格になってましたが。

しかし、こういう「面」に出ていると、へにょーん・・・と一筋ぐらいはがせないかなとか、物理的には無理な衝動にかられますが。
針金みたく加工されて繋がっているわけじゃないので、ピンセットで端っこつまんで・・・なんて発想は・・・・

READ MORE▼

2008.07.08 
■産地は多分ブラジルだということ。
aqua1.jpg

アクアマリン結晶です。
・・・・実は結晶では自分で購入した物ではお初の石でございます。かなり小さな石ですが、透明度は高く・・・・
写真に写すと大きさが関係ないと言いますか(こら
この石は300円ちょいだったのですが・・・・アクアマリンの結晶はベラボーに高いですよねぇ。

石の種類は違いますが、トルマリンの結晶もしかり。

READ MORE▼

2008.07.11 
■結晶そのものは2.5×5mm程度です。
toru_q1.jpg

トルマリンが入った水晶です。
産地は・・・・どこだ?  ふむ・・・ブラジルですか。
(Genipapo,Itinga Minas Geraisとあり)

ネット通販環境だと、水晶以外の結晶系には金銭的なものがありうかつに手を出せないのですが・・・・・穴場狙いだよなぁ(汗

----すっきり爽快の意味ですが・・・・続きに上げさせていただきます。
・・・・ある意味、怪談系です。



READ MORE▼

2008.07.13 
■岐阜県産・・・・
seki1.jpg

岐阜県産水晶です。・・・正確な産地はネット上で調べましたが、思うところがあって伏せます。
ある意味山の護りの水晶巨岩が不自然なほどにむき出しになって転がっているもんなぁ・・・・どうも。心無い採集人が見たら多分それを壊して持っていく。

昨日届いたのですが・・・・・ただ、今本体サイトの小説を入力していて、「形状は違えど、シンクロじゃん」と唖然としたのでね。

「商品入れ間違い」を疑ったのは・・・・実はこれ、頼んでいないものだったのです。
結局は・・・・

seki2.jpg

「おまけ」だったのですが・・・・

seki3.jpg


・・・・でかい。(汗

頼んだものよりでかい。
ただ、今回オール岐阜県産の石だったので、ショップの方が気を利かせて、岐阜県のものを入れてくださった様子で・・・・・嬉しい。
前回も、福井県の桜石もおまけしてくださったので。

READ MORE▼

2008.07.13 
■神岡鉱山産・岐阜県
kuri_kami.jpg

岐阜県・・・・ニュートリノやらスーパーカミオカンデで有名な神岡産のクリソコラです。
6×4.5×4cmほどありまして、クリソコラの割にはずっしりと重いです。
(比較はアリゾナ産クリソコラ)
クリソコラのペンダントは持っているのですが、それと比べて、この石を加工しても 引けを取らないのではないか?と思うほどに見事なものです。なんというか、貴重ではあると思いますが手持ちのアリゾナ産のものより大きいのに、アリゾナ産よりお得でしたよ。

しかし・・・日本の地下って奥が深いな。

■最近・・・・
仕事で外を回っていて・・・・市内の鉱山跡に続く道を教えてもらいました(汗

READ MORE▼

2008.07.14 
■パキスタン産 ファーデンクオーツ
paki_farde1.jpg

いままで興味がありつつ、お値段の都合で手が出せなかったファーデンクオーツですが・・・・・三桁なのがUPされたのを見つけて「ぽちっとな」とやりました(汗
(,本当に石の価格ってなぁ・・・・)

しかし・・・本当にどうやって形成されたんでしょうね。「芯」のような筋もそうですが、その「芯」を横切るクラックがほぼ「平行」なんですよねぇ。

あと薄っぺらい形状でありながらちゃんと結晶面の形成が綺麗にできているあたり、本当にどのような成長をしたんだか。
両サイドのエッジの部分を指先でなでなでするのが、感覚てきに妙なツボでございます。

2008.07.17 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。