上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
■見た目にそぐわない肩書の・・・
hemomi20090828.jpg
中国産 ヘモミルファイトです。(異極鉱)
先週大阪に行った際に、いつも通販でお世話になっているお店に閉店近くに駆け込んで購入しました。真っ先に掴んだ石でしたよ(^^;
この手の色合いにすこぶる弱いのです。

で、あまり肩書などは気にしないで購入するのですが・・・・お店の展示用カードを確認して、「え?」と思ったのが・・・「古くから悪霊払いの石と言われています」という文字列。
この色合いは、和み系だと思うのですが・・・・なぜ悪霊払いと言われているのか?
ただ、いかにも強そう・・・という石で無いのに、そのような言い伝えがある場合、ないがしろにできない部分もあったりすると思いまする。
現代で通常この色合いなら、喉のチャクラに対応とかいわれ、「言語」やら「表現」をつかさどる部分に作用するとか、安直な肩書がついてもおかしくは無いとは思うので・・・・・

■名古屋のミネラルショー
体力的な問題もあるのですが、見送る事になりそうです。京都に期待してます。

■近所の花火大会の・・・・・
hanabi2009081.jpg
hanabi2009082.jpg
田舎の小さな集落の花火大会なので、シンプルなものしか上げられませんが・・・それでも十分に綺麗だと思いまする。
スポンサーサイト

2009.08.28 
■ヘモミルファイト
hemomi20090902.jpg
ヘモミルファイトです。中国産。
本日手元にやってきました。
実はこの石を手にした瞬間の心の中の呟きは・・・・・
「ありえない!!」
ヘモミルファイトへの概念を覆すような感覚でした。写真でもわかると思いますが、表面のキラキラした光沢。ベルベットの持つ光沢のごとくです。
名古屋のショーの当日に、自宅ミネラルショーとか言いながら、カートに入れました(^^;
実は、二年名古屋のミネラルショーに行き、ヘモミルファイトも探しましたが・・・・「それは無いだろう」というものが、高値で売られてましたね。
あと・・・・この石の全景は、私の手のひらサイズです。

実はもう一つ同じ所で別の石を購入したのですが・・・・これも包みから解いて目にした瞬間、
「ことごとくありえないんですけど・・・・」
と再度心の中で突っ込みをば。
(そっちはシルク光沢のごとく・・・です。)

以前から目につけていたショップでの初めてのお買いものでした。
UPを楽しみにしながら、これ以上購入先を増やしたらだめだーっ・・・と自戒しつつも、
「・・・・なんでここのお店にはこんな石ばかり集まってくるんだろうな・・・・」
と疑問に思っていたのですが、梱包を解きながら「石はやっぱし人を選ぶのかもしれんなぁ」とか思いまして・・・・・。今まで通販をした中で、これ以上に無く石を丁寧に大切なもののようにあらゆる手を使って梱包していらっしゃいましたです。あらゆる面で感動を覚えましたです。
私がショップをここまでベタ誉めするのは、初めてだ・・・・。


◆産地◆
Wenshan mine, Yunnan Province, China
中国 雲南省 昆明市 文山鉱山

2009.09.02 
■何に萌えとんじゃ!!
kami_hemo_toyama200912_1.jpg
ヘモミルファイト(異極鉱)です。
富山県富山市池ノ山 神岡鉱山 茂住鉱床産です。
国産のもの・・・特に神岡鉱山のものについては、いつか、入手出来たら・・・とか思っていたのですが、念願叶いましたよ。
駄目です・・・この色合いには真剣に弱いです。これは、三色アソート販売のうちの一つでございました。一個当たりの単価はワンコインでございます。

何というか、中国産のものについては染色疑惑があるとか云々聞きますが、これについては疑う余地はないですよねぇ。

kami_hemo_toyama200912_2.jpg

で・・・次回予告ですが・・・・

kami_hemo_gifu200912_1.jpg
↑神岡鉱山 岐阜県側にてお送りします。ちょっと様子が違うのだ。

2009.12.08 
■ヘモミィ+α
kami_hemo_gifu200912_2.jpg
岐阜県 飛騨市神岡町 神岡鉱山 栃洞鉱床産 ヘモミルファイト(異極鉱)です。
本来のヘモミーの白の部分と銅発色のブルーの部分の混合ですが、この石の銅発色ブルーについては、店の説明ですと、水亜鉛銅鉱だと思われるとの事です。他に同産地の白色の美しいヘモミーが出てましたが売約済みでした。
水亜鉛銅鉱も気になる鉱物だったので、国産のものが入手出来て一石二鳥だったかもしれない(汗

しかし・・・本当に魔の銅発色でございます(汗

kami_hemo_gifu200912_3.jpg

READ MORE▼

2009.12.09 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。