上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
■(゜□ ゜;)
daiof20100202.jpg
カザフスタン産 ダイオプテーズです 
(Altyn-Tyube, Asiatic Steppes, Qaraghandy Oblysy, Kazakhstan)
一目瞭然ですが、これ・・・母岩部分だけ樹脂コーティングしてますな。裏までコーティングだった為、手にして思わず噴きました。でもまあ、うちにはこれ以上のものは無茶だ。
分離結晶は一つ持っているんですが、微妙な青みがかった緑の透明度の高いものを求めていたので、満足です。
鉱物シャンルではメジャーな石だとは思いますが、私の感覚では「セレブ石」の部類です(-ω-;
心に染みいるような、色合いが溜まりません。

しっかし、石色の濃いものの方が色の再現率も写りもいいな~。
淡い色合いのものはたまにノイズが入るんだよね。(暗所が苦手なカメラをお持ちの方なら感覚的に解るかも知れませんが)
スポンサーサイト

2010.02.02 
■ゼリー粒
hemomi20100130.jpg
メキシコ チワワ産 スミソナイトです。
母岩の色合いに映える、白い異極鉱とその上に散らばるヘモミルファイト。・・・ツボです。
実物はかなり小さいのですけど大きく撮ってしまえば・・・・・(以下略)

・・・・・ああ・・・眠い。

あっと・・・この石も、先日のロードクロサイトと同じショップで、同じ時期に気がついた「待ってた」石なのでした。

2010.02.03 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。