上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
■ほぼ生存確認状態ですが・・・・
gira20101004.jpg
ギラ石入り水晶のルースです。
このタイプのものを初めて見た時、中のギラ粒をくらげっぽいと思いました。
・・・・ふよふよふよふよ・・海の中。
スポンサーサイト

2010.10.04 
■マダガスカル産
rose20101008.jpg
ローズクオーツポリッシュです。
マダガスカル産

なんといいますか・・・
感覚的に好む産地ってのがどうしてもあるのはやっぱり否めない様子で、気がつけばこの産地の石に飛びついてますね。
マダガスカルの石は感覚的にほんわかと優しい感じなのです。
この石も一目ぼれでした。

rose_q20100928_2.jpg

この柔らかな透明度がたまらない・・・・


■ノーベル平和賞・・・・
最近、世論に疎い私ですら・・・某大国の動向に眉根を寄せていたのですが・・・・・・。
「やったことは必ず跳ねかえるぞ?」と傍観していたら、その大国の獄中の作家さんにノーベル平和賞ですか。・・・背後で圧力をかけていた事実も報道されてますし、「平和的」概念から見て、大国の国のシステムそのものが全否定されたような今回の受賞劇。
・・・非常によろしかったとは思いますよ。

国ぐるみであのような暴挙を始めたら、エスカレートする一方だとは思いましたので。
上からの押さえつけで、モラルやらそういうものを強制的に国の都合のいいように植えつけて、自由に考える事を奪われた民衆の思考は、幼児化かもしくは理性を持たない動物化してしまうのかもしれないとか正直感じて、「危ない国だな・・・おい。」とか思ってました。
思考の自由の確保や、情報が自由に取り入れられる環境にあった方が、思考能力を養う事が出来て人間の精神形成は「大人」として成長しやすくなるのかもしれない。



子供の教育に関しても・・・・
・・・小学校から中学校に上がる時だけど、クラスでも優等生だった人が、ことごとく中学に上がって当時の「不良」と呼ばれる人たちに一気に様変わりしたのを何人も目のあたりにしましたが・・・
彼らは親に押さえつけられて「いい子」にしていたのかも知れないな・・・とか思いました。で、自我が覚醒したとたんに、180度の方向に暴発・・・・・
押さえ付け過ぎは、人間の心の成長に大きく左右する様子ですな。

2010.10.08 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。