上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
■翠銅鉱
dioptase.jpg
カザフスタン産
タイトルそのままの石です。いやはや・・・・つくづく私は「銅」の絡む色合いには弱い様子です。

これは私の覚書ですが・・・・
銅イオンに塩化物イオンが配位すると、緑色になる。
アンモニアが配位すると、深い青色・・・・か。

実はこの石は以前から狙っていたのですが、価格的に「うーん・・・・」と思うものが多く、行きつけのところで許容範囲のチビ結晶がUPされたのをゲットいたしました。

ただ最近「カザフスタン」の石にも妙に惹かれますなぁ・・・・
鉱物で世界征服・・・じゃない、世界制覇を狙っている私としては・・・・取りこぼしているのは何処だろう。(可能な限りでですが)・・・・・すでに分かりません(汗
ただ水晶で日本制覇もやっておきたいところ。(コラ

■ただなんというか・・・
今現在、食指が「ニオイモノ」と「アロマ色が強いボディケア系」に暴走しています。よって、財政的に石に関してはセーブしているのですが・・・・・・・

ただ、今後は石だけではなくなる可能性もありきです。
・・・・・五感とすべての感覚を使って、好きなものを楽しむ方向で。
スポンサーサイト

2009.02.01 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。