上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
■クォンタムクワトロシリカ
kuon20090805.jpg
ナミビア産・・・・ぶっちゃけ、Webでの成分に対する見解はまちまちな石です。

チリでも似たような感じの石は取れるのでが、所有のチリ産のものはマンガンの含有率が高いあたりと(透明度のないマットな暗褐色の部分がありき。店が「マンガン」と明記してました。)、石英質の部分が、ナビミアの物よりより濃いスモーキー・・・という特徴があります。

クリソコラ,スモーキークオーツ,シャッタカイト,マラカイト・・・・云々を含むとか、言われてますが、明らかに「微量にマンガンを含んでいるだろ・・・・これは」という個体がうちのタンブルの中にありまする(--;
ただ、特徴からして、ナミビア産に間違いない個体。
(写真のこの石には、マンガン含有の痕跡は表面上はありませんが・・・・・)

そして、この石ですが、最近はおとなしくしてます。(緊急起動はしばらくなし)
この石・・・起動するときは手で握り、しばらくすると「うわ・・・私の体温より熱くないか?」てな事になりまする。(--;


■んがっ・・・・・
・・・・・・今私の所有の中でフルパワー起動しているのは、キャストライトでして・・・・・。ちょいと引っ掛かることがあって、これをかいている間に、ちょいとパワーストーン的意味を調べたのですが・・・・キャストライトは昔解熱剤として使用されたそうな。(--;
実は、今は落ち着いてますけど、しばらく平熱プラス1.5度の状態が続いていたのですが・・・・・。(遠い目
・・・・・ある意味一種のシンクロだよなあ。さすがにちょっとぎょっとしてますよ。今・・・・・

だから、私は石のパワーとかそういうものは完全否定できんのです。

※ただし、石が起動するときってのは、結構緊急事態の事が多いので、余り良いとは言えませぬ。結構、身体にムチ打って働いてますしなぁ・・・・・・。
スポンサーサイト

2009.09.30 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。