上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
■夜桜
charo20110907.jpg
産地は不明 チャロアイトです。
ぱっと目に入った瞬間、夜桜・・・だと思いました。普段ならスルーする石ですが手に取りました。実物は色の濃い部分も含め、もうちょっとピンクを帯びています。
普段ならスルー・・・というのは、ラリマーはお得だと思えば手を出してしまいますが、「過剰ヒーリング作用肩書き価格補正」がかかっている石は苦手なのです。多分、ミネラルショーで見ても、手を出さなかったかも。

・・・・タンブルは、産地記述も無いものが多く、パワスト系寄りのショップが扱っている事が割合としては多いと思います。個人業者だと店主が選ぶ際に、何かしらその石への想いとか概念が関与してくるものだと思うのです。「パワー云々」の触れ込みが強い石ほど、それをセールスポイントに無意識にでも持ってくる事が多々あるのではないでしょうか? 特に私は、チャロアイトに関しては、何か石に絡みついているものがある感じがして、「気持ち悪い」と思う事が多かったんですね。

ただ上の石を購入したのは、パワストというより、アクセサリーショップと言った方がいいかもしれない、全国的チェーン店。たまにそこは、「それ天然石じゃないから(w;」というものを売っている事がある店ですけど、置いてあるタンブルには、何の染み込みが感じられないほど、石そのものに「健全さ」を感じるのですよ。とにかく、まっさらな石。

そういえば、私がよくお背世話になっているショップの方も、「チャロアイトは、波動の荒さとかを慎重に見極めていたので、なかなか今まで入荷出来る石に出会えなかった」と言うような内容の、ちょっと癖があるっぽい事を匂わせていたかな? ラリマーやスギライトは普通に店に出していらっしゃったのですけど。

上の石と一緒に置いてあったチャロアイトには気持ち悪さは微塵も感じなかったのでした。もう一個つれて帰ってくれば良かった・・・・と後悔している所です。
スポンサーサイト

2011.09.07 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。