上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
■クンツァイト。
kuntu.jpg
産地は不明です。ぶっちゃけパワスト系のショップで安価で売られていたので。
(ショップによっては、鉱物系の方が無茶な価格で出ている石だし)
そもそも基本的に高い石なのでなかなか手を出せなかったのですが、小さなラフで三桁なのを見つけたのと・・・同じショップのペンダントトップが破格だったので、合わせて購入しました。
ペンダントは石そのものが、手にしたものはかなり大きくてびっくりしましたけど・・・・
アクセサリー主体の店より安いよなぁ・・・半値以下だわ。

クンツァイトの絡みのアクセサリー加工品って軽く一万二万とか行くので・・・。本当に、無駄に高いのよねorz
今回購入したのは、もちろんそんな価格じゃないですし・・・・石の値段ってなんだかなぁ・・・と切実に思うわけです。

ペンダントトップは、透明度の高いものと、透明度が低いけど色が濃いものの二種類だったのですが、肌に乗せて色栄えするかの観点より、あえて色の濃いほうを選びまして。ただでさえ、退色し易い石だから・・・・・

流通ルートですが、宝石クオリティはヨーロッパ方面に流れているという情報を最近よく目にしまして・・・・・
宝石クオリティものは、鉱物ショップで宝石クオリティとは言いがたい中途半端なものをとんでもない価格で買うより、ビーズに加工された宝石クオリティの石を購入した方がグラム単価ははるかに安いな・・・・と頭の中で電卓を叩いている次第です。

ある意味、鉱物については原石趣味の方が、お財布的には敷居が高いのかもしれないと思う次第です。
へんなプログラム付加価値物とか避けて通っていればね。
スポンサーサイト

2008.10.18 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。