上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
■ダンビュライト
tanbri1.jpg
何度も出ている石ですが、夏場はこういう「氷系」を思わせるものにつきるなーとUP。
水晶の他に、ガツンという感覚で引っ張られた感のある石でございまする。

パワーストーン系では、ニューエイジ系の石に上げられてたりするサイトもありますが・・・・
精神的に、激しくアンチニューエイジ系ここにきわまれり!!な状況になってますので・・・関係ねぇ!!

正直「寝言は寝て言え!!」・・・・とかいいたくなるショップもありきでねぇ。

微妙に「荒れ」モードでございますが、ご了承をば。・・・・そういうものが目に飛び込んでこなければ良いんですが。どうしてもねぇ。

READ MORE▼

2008.07.19 
■パキスタン産
paki_c1.jpg
パキスタン産クオーツです。とある方からの頂き物でございます。この透明度が非常にツボです。
しかし・・・最近やけにパキスタン産の石がでまわっているのを見ますが・・・・前々からなのか、それとも最近の傾向なのか?
クオーツというと、ブラジルから大量に入ってきている感覚があるので。
同時に、パキスタン産の骸晶水晶を取りながら思うことあり。

■商戦がらみなんだろうなぁ。
骸晶水晶もエレに分類されてますが・・・個人的にエレスチャルという呼び名をわけることにしました。腑に落ちない部分が激しくあるので。エレスチャルという言葉を私の中では使わないということが正解かも。明らかにエレじゃなくカテドラルでも、肩書きの美味しさからエレスチャルにされているんだろうなというケースもあるので。

・・・・正直、最近、「正規モノ」とかいう類の石を見ると気分が悪くなるのですよ。

反射的に、「どこが?」という言葉が口から出そうになる。正規の流通ルートに乗ってる石でもね。
原因は・・・・情報の改ざん?

2008.07.21 
■フローライトwithクオーツ
flo_q1.jpg
フローライトと水晶のあわせ技です。・・・・いや、「あわせ技」というほど珍しいものではないですが。
中国産ですな。

以前から、「フローライトと水晶の混合物標本がほしいなー」とは思っていたのですが、先日某ショップにUPされたのを衝動買い。ははは・・・・
実はこの色合いの組み合わせに弱い。
flo_q2.jpg

涼しげな色合いが、夏バテ気味の心を癒してくれますなー。ただ・・・食欲は湧きませんが(汗

flo_q3.jpg

2008.07.23 
■フローライトwithクオーツ
flo_q4.jpg
一個前の石と同時購入のモノです(汗
メイドインチャイナの地中。(ぉ
・・・・とにかく、ふらふらと誘導されるようにカートに「ぽちっとな」とやってしもた石ですが・・・・手に取った途端、
「あっりゃぁ・・・執念で引き寄せたな」
な風貌でございました。
何がって・・・・・

flo_q6.jpg

この石・・・母岩がパステルグリーンのフローライトでして・・・・・
実は、東京の某ショップさんに伺ったとき、店頭のフローライト母岩水晶クラスターに、本当に惹かれましてね・・・・
母岩の色合いは全く同じでございます。だけどねぇ・・・到底手が出せるお値段でなかったのね。

実は、手にするまで、母岩がフローライトだということをちゃんと認識していませんでした。本当に何も考えずふらふらーっと(汗
ですが・・・・

flo_q5.jpg

店頭にあったものに比べれば、小さな石ですが、この石は水晶クラスターに、さらにゼリーを思わせるようなクリアーなフローライトトッピングというオプションつきで・・・・・
このフローライトの結晶も、藍色インクをたらしたような「彩」のオプションつきで・・・・
ひたすらラッキーでございましたです。いやはや、マジで嬉しいですよん。
この色あいもツボなんですよなぁ。

READ MORE▼

2008.07.25 
■アクアマリン
aqua2.jpg
とにかく、
「視覚だけは涼しげな石を」
ということで、ブラジル産アクアマリンです。

連日の暑さにやられぎみ・・・ですが、自室内では控えめながらにクーラーをば・・・・
どうも私がクーラーをつけた理由は・・・

安眠確保!!

の為のような気がします。睡眠は重要ですよ・・・・本当に。

ただ私は「暑さ」に弱いわけでもないのですが・・・・

READ MORE▼

2008.07.25 
■主流は・・・
atran1.jpg
アトランティサイトでございます。石知識がある方ならすぐさま「オーストラリア産」という文字列を引っ張っていらっしゃるとは思いますが・・・・
さらに突き詰めると「タスマニア」

写真の石・・・黄緑に紫の含有物。
(サーペンティン(蛇紋石)と紫色のスティチタイト(スティヒタイト))
この類が主流で出回ってますが・・・・・
紫が母体となっている石も稀にあるんですよね。まあ・・・ありえない話ではありませんが。

ただ・・・・以前紹介した・・・・

atran2.jpg

上の石も店頭では「アトランティサイト」ででていました・・・が、(オーストラリア産には間違いないでしょうが・・・・)
前のブログで「アトランティサイト」と店の肩書き通りに紹介しましたが・・・・甘くみても「サーペンティン?」の域では無いかと思います。まあ・・・主に出回っている「石」を基準にしたらですが。
ただ・・・うちには、サーペンティンという、全く質感の違う石が別にあったりします。(遠い目)

サーペンティンという部類でみると・・・元から手元にあった石は、二つ目の画像の石の一部分の色合いに極めて近いですなぁ・・・・

かなり、いい加減なもんだよな・・・・と思う次第でございます。

しかし・・・上の画像ですが、何故タンブルが4つも・・・・と思われるかも知れませんが・・・・
純粋に感覚として、

「コレ好き~♪」

と、ぽちぽちとカートに入れてしまった事が原因でこ゛ざいます。ははは・・・・・ツボ石なのかもしれません。私には・・・・・

2008.07.27 
■ある意味おいしそうな色。
topa.jpg
何がおいしそうかって・・・・紅茶色(爆
ブラジル産(だったはず)トパーズです。トパーズといいますと以前紹介したダンビュライトと結晶の構成が似ているとか何処かで見ましたが・・・・
確かに、似ている形のものはみうけられますねぃ。
しかーし・・・この色のトパーズに食指が伸びますと、引き続きブルートパーズやピンクトパーズにも食指が・・・になるのでした(--;
ですが、今現在、かなりセーブはしているのですよ。
一応8月に名古屋でありますし・・・。ただ、名古屋のショーは、参入が国内業者ばかりなので、均して価格がお高い。
掘り出し物はあると思いますけどね。また2キロ3000円の塊を掘らなきゃいいけど。

READ MORE▼

2008.08.02 
■微妙に魔法石。(微・ス●ビネタ)
tanza.jpg
タンザナイトです。タンザニア産
加熱処理済みです。
・・・・いやね。ショップの説明で、裏事情までしっかり書かれていまして、その上で「処理物」という条件が故に、微妙にお安い価格でした。・・・・現在の市場価格に比べるとね。
まあ・・・でまわっているほとんどが、処理済み物と思ったほうがいいだろうというのが、石の仕入先の業者の情報と言うことで。

ただ処理済にも関わらず、角度によって、多色性が微妙に確認出来ますです。写真の色合いより、もっと菫色が強くなる。まあアイオライトほど色の見え方の変化は劇的ではありませんが。

2008.08.05 
■産地は不明ですがね。
amesi.jpg
ひねりは何も無い、ごく普通の石ですが、アメシストでございます。実は「ど・紫」よりも、ラベンダーアメの方が色合いは好きなのね・・・・・
多分うちにある石でグラム単価としては一番安い石じゃないかな(-ω-;

昨年の名古屋のショーでの戦利品です。

しかし・・・今年のショーは、何処まで石の価格が高騰しているか・・・?

2008.08.06 
■ほにゃらー。
rarim.jpg
ラリマーでございます。もうね・・・この手の、パステルトーンの色合いっていうのは、本当にツボでしてね。価格的になかなか手は出せない石ですが、これについては、一週間ほど悩んだ上で、ぽちっとな・・・とやりましたです。
これはペンダントトップにも出来る程度のモノだとは思いますが・・・アクセサリーへの加工モノに比べたら、はるかにお安かったですね。

たまに眺めて。「ほにゃらー」とか「にひゃー」としているのですよ。

ただ、久しぶりにこれを手に取ったら、なんというか、おなかのあたりが、たっぷりと綺麗な水で満たされたような充足感をば覚えましたよ。

2008.08.09 
■涼み系
celes4.jpg
セレスタイトです。既出の石ですが、一つの石をぐるぐる回していろんなパーツを撮ってますが・・・
でかくて重いヤツがうちにいるのに、うっかりとカートに入れて、いかんいかんと削除するを繰り返す私でございます。・・・この色合いは真剣にツボなんですよね。

最近、カートにポチ・・・はやってますが(一応とり置いていただいてます)ことごとく水色系の石に爆走中!!
あ゛ーっ・・・・・・・

■上京・・・
14日に仕事を済ませてから、その足で上京し、16日にちょいと用事を済ませて帰宅の予定ですが・・・・・(まあ・・・夏コミですな)
今回は、スケジュール的に某石屋さんにはいけません(汗
・・・・いやね、世間はお盆の帰省ラッシュの様子ですが、うちの職場にはそんなものはねぇ!!(苦笑
むしろ、地区の人間は徹夜で夜警当番が入って大変だ(汗

ただお盆休みという事で、皆さんお休みなので、逆に電話かけまくればコンタクトがとれやすいよな・・・とお盆期間には仕事の「攻め」モードに入れそうです(ぉ
ふふふ・・・・はははは・・・・・くすくすくす・・・・ウケケケケケケケ!!
(家族の団欒時に、かかってくるイヤーな電話?・・・・うふふ。)

明日は、現地調査を強引に複数ねじ込んだりと・・・・・・・
完全にがんがんと「外回り攻め」の体制に入らないと、年末までにこなせない量なのさ。

2008.08.10 
■探していたもの。
perid.jpg
パキスタン産 ペリドットです。
結構出回っている石ですが・・・・探していたのは結晶の形がはっきりしているもの。だけどその手の石は高くてね・・・・・
だけど、これに関しては妥協できる価格でWebショップに並びまして、ぽちっとやりました。
(パワスト系も混じっているのに、かなりのお得価格のショップでして)

昨年夏から気になっていて一年越しでようやくゲットでございます。

■名古屋のショー・・・・
実は行くかいかまいか、悩んでいる最中でございます。2日目に仕事が入ったこともあるのですが・・・・
京都に照準を合わせているのですよ。観光もかねて。

2008.08.19 
■アメシストの中に錠剤。
ramune_ame.jpg
ブラジル産アメシストのポイントなのですが・・・・・
その中に、笑えるほど錠剤に似たインクルージョンが入っております。
ただこれを頭痛薬とか行ってしまうのはアレなので、少々涼やかに駄菓子の「ラムネ」風味とさせていただきます。
しかし・・・・見れば見るほど・・・・・・

今度、いかにも錠剤な画像がとれたらUPしよう。




■うーん・・・・
最近、真剣に仕事から帰ってやることやってバタンキューでしたのです。
なんといいますか、この夏・・・・お若い方でも疲れやらストレスでかなりの大病をされた方が回りにもいて・・・・
私も相当に、体力の消耗を喰らっておりましたが故に・・・・・・

でも、普通死なないような病気で亡くなってしまうような方も見えたりで・・・・油断大敵。
盲腸で死に至るなんて何時の時代の話だ?
元が盲腸で、開腹した時点で腹膜炎を起こしていても、至急人工透析をすれば助かる確立は高いのだけど、お亡くなりになっている。そこまでの手遅れになるまで壮絶な痛みを患者ががまん出来たかは微妙。・・・オペを時間内にやろうとして伸ばしていたんじゃあるまいな?
(近場であった出来事は、ある意味医師の判断ミスもあるでしょうけど。私が勤めていたところじゃないけどね。)
医師の判断ミスがあったんじゃないのかと、看護師免許持ちの母と首をかしげておりましたが。
(※腹膜炎を起こすと、敗血症などを起こして死に至るケースが昔は多々あった様子ですが、緊急で人工透析を行えば、血液中の毒素をフィルタリングして取り除くので救えるのだということです。 )

皆様も夏バテは甘く見ないで、充分に休息をば取ってくださいまし。
特に、疲れがたまっている感がある方は。

2008.08.26 
■煙水晶・長石母岩つき
tawara.jpg
岐阜県恵那市田原産です。
真っ先にさがした「おいちゃん」のショップにて。1000円也。
「顔が利くから、入れてもらって掘ってきたんだが、固い岩盤から掘り出すんでバキバキになることもある」
と言う事で・・・・

元気でがんばっていただきたいものです。

2008.08.31 
■荒川鉱山産
arakawa1.jpg
荒川鉱山産・緑水晶です。
しかし・・・本当にこういったパステルグリーン系の色合いに弱いな・・・・私(^^;
この水晶は、机の上じゃなく、床にいまして・・・・・
一番最初に目に言ったのが床のこの個体。・・・ひとめぼれとでもいいますかね。
「これ好きー♪」と思いつつ、机の上の別のものも探したんですが、一番最初に見つけたこのコを購入いたしました。
まあ、サイズの割には1000円なのですが、この色とフォルムは、私にとっては、「それだけ出してもいいわ。」な結果・・・・・
可愛いです♪

■うーん。
これを購入したのは、レインボーガーネットを主に入れてるショップですが。・・・・そのあと、机の上のをみていたワキワキと見ていたところに・・・・・知識を振り回しながら、いたるところでショップの石を評論して歩いているらしい、オヂサンたちの群れが。(--;
そして、卓上のグリーンガーネットをさして、「これはレインボーガーネットじゃない。レインボーガーネットは・・・・・」と海外の産地をぶちぶちと言いながら、こき下ろしをば。
(・・・・・グリーンガーネットとかいてあるやんけ。)
そして、「ガーネットにはいろいろ種類があって・・・・・」とか・・・・
(そんなもん、シロウトでもしってますわ。)

しかし・・・天川のレインボーガーネットは・・・アルマンダイトの変種でいいのかしらん?
(ネットで調べろよ。私。)

■しかし・・・・
今回は、水を求めるようにことごとく、水晶ばかりを購入しておりました。ははは・・・・・
感覚的に水晶スキーなのかも。
アクアマリンも探していたのですが・・・・・高くてね。
一応一個だけゲットしてますけど。

2008.09.01 
■ブラジル Minas Gerais産
morion.jpg
モリオン(黒水晶)です。なかなかの美品で・・・・価格はラベルの通り(爆
65mmあります。
多分安いんでしょうね。これは・・・・・

しかし、この水晶・・・・潔いほど黒くて、真剣に綺麗だと思います。光を通さない漆黒のものに興味を持っていたので、本懐かなえり・・・ですねぇ。




■愚痴が前面に出ていますが・・・・・
本人はかなり短時間でも楽しみましたですよ。
体調はかなり宜しくなかったのですが、それすら忘れてました(^^;
言葉には出来ないのですが、純粋に感覚的に童心に帰った様に楽しかったんですよねえ。
むしろ言葉は要らないというか。理論などなしの領域?(はて?)

ただ本当にあらゆる意味で楽しむには、やはり鉱物分野での基礎知識はあったほうがいいな・・・とは思います。

■お土産
友人にお土産のインドヒマラヤ水晶のポイントを今日渡しました。
喜んでいただけて嬉しかったです。

2008.09.01 
■パキスタン産岩塩
paki_ganen.jpg
パキスタン産岩塩です。
用途が鉱物仕様じゃなかろうが、鉱物ですから。

・・・・名古屋のショーの戦利品でございます。
一緒に石鹸も購入しました。(←鉱物違う!!)

しかし、鉄分が豊富に含まれているらしく、ヒマラヤ岩塩とかなり見た目の色合いが違いますね。
アルマンディン・ガーネットの色合いを彷彿とさせます。




■路線が・・・・・
・・・今現在、なんといいますか・・・・・・

「天然石ビーズでいろんな石を集めてしまえ」

な、妙な方向性に驀進してます。しかもカットが・・・ドロップカット(ブリオレット)オンリー。

2008.09.04 
■ブリオレット
b_io1.jpg
アイオライトのブリオレットカットビーズでございます。
なんといいますか・・・・ルースより天然石ビーズの方が、敷居は低い上、ルースよりも安価なものが多い気がします。
宝石質というものを捜せばまずまずのものが見つかります。
ただ・・・・直感的に「人工?」というものもまじっているのは否めないといいますか・・・・

このビーズは人工ではありません。なぜなら・・・・・

b_io2.jpg

この多色性を人工で作り出す方がコストが かかるのではないかと・・・(--;

2008.09.05 
■名古屋の戦利品に戻る・・・
otome_nago20.jpg
乙女鉱山産水晶です。
・・・昨年も、おなじショップで同じくらいの大きさのを購入しているのですが、真っ先に目が行ってそのままホールド(汗
まあ、いいか・・・と購入いたしました。
この手のふんわり系の水晶にも弱いらしい。
実は同じ山梨県の水晶峠のもので同じような水晶を持っているのを思い出しましたが・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・なんかぞっとするほど上から見たフォルムが似ているのですが。

2008.09.06 
■トルマリン
b_wtol.jpg
ウォーターメロントルマリンのブリオレットビーズです。一応宝石質。
現物はもっと透明度が高くキラキラしてます。そもそも赤と緑が補色で、混じりあうと色が無彩色に近くなるから、濁って見えるんだよね(--;

ビーズとは言えども、ブリオレットの横穴タイプは、本体に大幅に穴が貫通しないので、穴のラインが気になりにくいので、充分ルース代わりとして楽しめるのでありました。

しかし、このカットって乙女心を擽るわ~ん。(誰がヲトメぢゃ。)

ブリオレット集めは着々と進行しているのでありました。

ただ個人的な本命のピンクサファイアの透明感の高いものはなかなか遭遇できず。
トルマリンはなかなかのラインのものはあるんですけどね。

ただ意外とSoldが多いのが、ロードライトガーネット。あの色合いもツボなのね。

■参加式・・・・
実は、KURO様の、石あてイベントにこっそり参加済みですが・・・・・
ビーズが集まった時点で、石あてクイズを行ったら・・・と鬼な発送をば。

2008.09.07 
■商品名は「ブルームーンストーン」
b_bluemoon.jpg

ブリオレットシリーズ・・・・
ブルームーンストーンで購入した物です。
タイトルが非常に「すっきりしていない」のですが・・・・・・鮮烈なブルーのシラーを放ってはいるのですが・・・・・実はブルーのシラーがでる完全な別面にブルーッ気のないレインボーが出現するのですよ。このビーズは・・・・・

ただ、思うにこれ・・・・カットのせいでプリズム効果が起こっている可能性もあり。
色白のラブラドはここまで透明感は無いうえ、クラックの入り方も違うだろ・・・・という事で、ラブラドではなく、個人的には「曹灰長石」ではなく「月長石」判定です。

■名古屋シリーズは・・・・
実は透明度が高すぎて、立体的に写らない石やらありきなのと・・・・間が持たないこともありなので、ぼちぼちと出します。

2008.09.08 
■アンダリュサイト
b_anda.jpg
多色性のある石、アンダリュサイトのブリオレットです。グルグルまわしてみると、茶色やら緑っぽい色に微妙に変化します。
なかなから見ていて飽きない色合いですね。

そろそろ、標本代わりのビーズの収納はどうしようか?と迷うところです(--;

2008.09.09 
■逸見石
itumi.jpg
岡山産のカルサイトに付着している逸見石です。(青い鉱物)
いやはや・・・実に小さいですよ。デジカメの性能を思い知らされる石(爆
ルーペは使ったんですがね。

名古屋の戦利品ではありませんです。

2008.09.10 
■ブリオレットな訳ですが・・・
b_lame.jpg
ラベンターアメシストでございます。フォルムがなかなか美しいと思います。

鉱物好き~の方には、「何故ビーズなんか・・・」と思われるかもしれませんが・・・
ルースより安価で宝石質のものが手にはいり(.ルース系・・・高いよ。名古屋でも見たけど。)何よりも良心的なのは、下手なパワストショップのように、パワスト概念垂れ流しじゃないショップが多いので、肩書き便乗価格はあまり無いという事でしょうか。ただし・・・丸玉ビーズの取り揃えしかないショップは、概念全面押し出しのショップが比較的多く、カットものも豊富なところは、概念うんちく一切語っていないところが逆に多い。・・・カットものの豊富なところは、まさに品質勝負の心意気がチラリと見えますです。
下手な、パワスト系混同鉱物ショップのルースよりかなりいいですよ。・・・安いし。貧乏性には充分楽しめますから。

2008.09.10 
■フローライトぉっ!!
flow1.jpg
中国産フローライトです。うふふ・・・・ふふふふ・・・・・もう、この色合い。

激ツボ!!

実は鉄マンガン重石も底の方にくっついていてやたら重い石ですが・・・・・

今日取りおきしていただいていたものが届きまして、小躍りしたくなりましたですよ。
しかし・・・フローライト。
はまるとある意味危険な石ですね。・・・多分次から次へと・・・・・・

flow2.jpg

2008.09.11 
■水のしずく
b_bluetopa.jpg
ブリオレットビーズのブルートパーズです。恐らく熱処理されてます。
ビーズなのでそんなに大きくないのですが、届いて持った瞬間に・・・

うわっ・・・重・・・・

とか思ったのですが、トパーズは水晶より重い物質という事で・・・気のせいではなかった様子ですね(-ω-;

しかし・・・実は、夕べフローライトと一緒に、タンブルのブルートパーズも届いたのですが・・・。物凄く淡い色合いの水色で、表面がうるうるしていて・・・・
「うわあ・・・水滴みたいだ・・・・」
と思わず思えるほど、うるうるしたタンブルでした。またの機会にそれは・・・・
そして一緒に、エッチングアクアマリンも届いたのですが・・・それのパワーが凄かった(汗
パワーは感じにくい私でも、きたぁぁあああ!!ってなもんで。

夏場にキープした石は、私が水を渇望していたのを反映していた様子です。(-ω-;

2008.09.12 
■KUROさんの所の石あて企画ですが・・・・・

以下の投稿は私ですが・・・・・
--------------------------------

参加者。 [MSIE 6.0] 2008/09/06 07:42:25

やってみました。

1.アメシスト(ブラジル産)
2.ブルートパーズ
3.グリーンアメシスト(プラシオライト)
4.クオーツ(インドヒマラヤ・・・汗)
5.シトリン(ブラジル?)
6.ローズクオーツ
7.アゼツライト(・・・マジでこういうオチだったら笑えます。)
8.ピンクジラソル
9.アンダラ(ブルーグリーン・シェラネバダ)
10.アメシスト(マダガスカル?)
11.リビアングラス(テクタイト)
12.クオーツ?
13.モルガナイト
14.ダンビュライト
15.カルサイト
16.モルダバイト
17.グリーンムーンストーン(月長石)
18.オーロベルディ
19.アフガン産・メタ・ローズクオーツ
20.メタモルフォシス
21.ピンクメタモ
22.ネリー産ローズクオーツ?
23.ローズクオーツ
24.ヘリオドール?
25.アンダラ(シェラネバダ)
26.ジラソル
27.ガラス
28.レムリアンシード
29.アパタイト?
30.人工ガラス
31.地中から出てきたガラスってのに似てる。
32.アンダラクリスタル
33.インドネシアアンダラ(でも、人工臭がプンプンする気が。)
34.ケプラリーザ(ブラジル産クオーツ)
35.アンダラ(ルートビアブラウン・シェラネバダ)
36.オブシディアン(和田峠産)
37.クオーツ(ブラジル?)
38.クオーツ(ガネーシュ?)
39.ロシレム
40.アネラクリスタル
41.アンダラ(ルミネッセント・シェラネバダ)
42.ペタライト?
43.フローライト
44.フローライト
45.フェナカイト
46.ニューアゼツ
47.テクタイト
48.チャロカアゼツ

---------------------------

産地を特定しなければ、許容正解範囲にはいるのは20個かな?
ネタとオチを狙って、わざと外した答えも二つほどありますが・・・・
画面越しだとなかなかに難しいですね。

ただ感覚的に、きたぁぁぁあ!!と思った石は、

1.アメシスト(疑いようはないがな)
2.ブルートパーズ
10.アメシスト
11.リビアングラス(これは一目瞭然)
13.モルガナイト
16.モルダバイト
17.グリーンムーンストーン(月長石)
18.オーロベルディ
26.ジラソル(これも、石に表れている効果から疑う余地は無い)
28.レムリアンシード
34.ケプラリーザ(これも疑う余地は・・・・)
36.オブシディアン(和田峠産)
41.アンダラ
47.テクタイト

でした。

2008.09.12 
■アメシスト 3色バリエ
3ame.jpg

ラベンダーアメシスト
プラシオライト(アメシストの熱処理後)
焼きシトリン(アメシストの熱処理後)・・・シトリンで出てましたが、これは元はアメシストだと踏んでますが。

うーん・・・・
以前から思っていたのですが、プラシオライトの摩訶不思議ぶりを何でだれも突っ込まんのですかね?
メタモルが変化するのはあまりにも有名だから注目されてますが・・・・
プラシオライトは、特に取り上げられることなくひっそりとその色合いがツボな人間の手にはいりやすいお手ごろ価格で流通していて嬉しいのですが。
・・・・ただ、やっぱりバックに「有名ところさんの肩書き」が無いからという背景があるのではないかと。

天然石の加熱処理、表面処理は当たり前だとしても・・・・
熱を加えれば、通常は琥珀色系に変化するアメシストが、何故、うすーいグリーンに変化するのか。
・・・・特定の地方の石だけと言う情報もありますが故に。
謎はありきですが、有名どころな方に取り上げられていないがために、大人しくたたずんでいる石ですね。

■KURO様のイベントを見て・・・・・
常日頃から・・・「このショップは・・・・(以下、余りにもダイオキシン級猛毒が故言えません)」思っているショップがあるのですが・・・・

ブルーフローライトを見抜けず、ブルートパーズとして売ってしまい、その反省として一旦Webショップを閉め、石の入手ルートを見直して、リニュアールオープンされる真面目なショップがあります。 ・・・それに近い間違いは、何処のショップでもやっていると思います。

ただ、解っていてあえてやっているショップも目に付きますし・・・・・

真面目なショップが日の目を見られるだけの心眼が、石好きさんにもっと多く備わっていけばいいと思うのですよ。

KURO様の問題の最後のアゼツについては、基礎知識があれば視覚だけで「アゼツ」は解ります。白濁した石英ですから。
ちょっとね、アレを素直に「アゼツ」とは呼びたくなくて、頭がきにチャロカをつけて外しました。

■肩書きがあろうと・・・・
私がどうしても、受けつけず、ブラウザを瞬時に閉じたり、マジで気持ち悪くて目を逸らしたりする石はあります。
それは・・・スーパーセブン。

石の個体によりけりですが、アレだけは解せない。気持ちわるいったらありゃしない。

2008.09.13 
■ブラジル コリント産水晶
corinto.jpg
名古屋のショーの戦利品です。
形としては、ダウです。・・・名古屋ではやたら気がついたら産地を問わずダウを手にすることが多かったという謎。
(そもそも・・・・よくよく水晶をみていたら、自分の手元に磨きなしシャーマンダウが二本あったんですがね)
実はこれは家についてから、コリント産だと気がついたのですが、とんでもなく透明度が高いですね。
お値段は1000円
実はかなり鮮やかなレインボーが出現する石ですが、透明度が高すぎて、ピントが合わせられず。
美しい水晶には間違いないです。

■パワー云々やら・・・・・
正直石の色合いが肩書きに絡んでいるものは、オーラソーマと同様、カラーセラピーの要素が強いと思うのです。
あと、以前のブログでも触れましたが、パワーは完全否定しませんが・・・・

人的プログラミングなどについては、商用打算が見え隠れしすぎるので、触りたくありませんですね。


■水晶の結晶の形態・・・
狙って手にするのではなく、いつの間にか意識せず手元にあった類のものは、なんといいますか・・・・
かなりギョッとするメッセージ性があったりするので、ぞんざいに出来ないものもあったりするのですよねぇ。うーん・・・・・・

2008.09.14 
■一粒で満足感
b_kaiya.jpg
カイヤナイトでございます。
いや・・・この色合いは一粒で大変満足といいますか・・・・。カイヤナイトって、結構透明度が高い石なんですね(ぉ
カイヤナイト独特の光沢感もありましてなかなかに趣が深い粒でございます。


READ MORE▼

2008.09.14 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。